選挙区割り協議結果、8月中に答申へ 青森県議会改革検討委 自民対応焦点

青森県議選の1票の格差是正や飛び地解消に関し、県議会の議会改革検討委員会(高橋修一委員長)が早ければ7月から協議を始め、8月中に三橋一三議長へ協議結果を答申する方針であることが17日、自民党関係者への取材で分かった。自民以外の5会派が提示し.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録