Free【北奥羽の地名】甲地(東北町)/アイヌ語など語源諸説

北奥羽の地名
北奥羽の地名

【甲地=かっち】

 東北町甲地地区。甲地自体は字名ではないものの、もともと旧東北町の前身が甲地村であり、現在でも、バス停や施設など随所にその名が残っている。

 由来は諸説あり、甲地村史などによれば、アイヌ語で「火起こしの木」を意味する「カッチ」、「遠い場所」の「カッツイマ」、「やりを投げて戦う」の「カッチゥ」などが語源の可能性として挙げられている他、和語で「奥地」「上流地」などと解釈する研究者もいる。

 甲地という地名は田子町や岩手県田野畑村にもある。共通点はあるのか。東北町役場職員時代に町史編さんなどに携わった同町の沼山隆さんによると、甲地以外でも、東北町に実在する地名が、岩手県北地方に、同じか似通った名で存在しているケースが見られるという。

 沼山さんは語源ははっきり断定できないとしながらも、「何らかの都合で北上してきた人たちがこの地に根付き、かつて住んでいた場所の名が広まったとも考えられる」と推測する。

※ネット連載

お気に入り登録