【ウクライナ侵攻】巨大団地全壊、消えた人影 東部ハリコフ、失われた40万人の暮らし

 ロシア軍の砲撃を受け焼け落ちたサルティフカ地区の団地の一室=11日、ウクライナ東部ハリコフ(共同)
 ロシア軍の砲撃を受け焼け落ちたサルティフカ地区の団地の一室=11日、ウクライナ東部ハリコフ(共同)
約40万人が暮らしていたアパート群は破壊し尽くされ、ゴーストタウンと化していた―。ロシア軍の徹底的な砲撃によって全壊したウクライナ第2の都市、東部ハリコフの巨大団地。戦闘の最前線となった建物の外壁は黒焦げになり、周辺にはがれきが散乱。人影が.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録