コウノトリ3羽がふ化 石川県で半世紀ぶり確認

 コウノトリの親鳥とふ化したひな3羽=8日、石川県志賀町(志賀町教育委員会生涯学習課提供)
 コウノトリの親鳥とふ化したひな3羽=8日、石川県志賀町(志賀町教育委員会生涯学習課提供)
石川県志賀町は10日、国の特別天然記念物コウノトリのペアが町内で作った巣で、ひな3羽がふ化したのを確認したと発表した。県によると、県内でひなが野外環境で誕生するのは、少なくとも野生のコウノトリが日本で絶滅した1971年以降初めてという。 町.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録