農業用ため池、7割で安全対策に不備 県、弘前の事故受け緊急調査

農業用ため池の安全管理調査結果
農業用ため池の安全管理調査結果
青森県は7日、県内の農業用ため池の安全管理に関する緊急調査結果を公表した。5月に弘前市で発生した子どもの転落死亡事故を受け、289カ所を調査。204カ所(71%)でフェンスなどの立ち入り防止施設がなく、185カ所(64%)で立ち入り禁止看板.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録