地域循環共生圏の「八戸モデル」構築へ IGES、八戸圏域で調査研究

熊谷雄一市長(左)に研究内容を説明するミトラ・ビジョン・クマールさん(中央)=6日、八戸市庁
熊谷雄一市長(左)に研究内容を説明するミトラ・ビジョン・クマールさん(中央)=6日、八戸市庁
都市部や農村部など、異なる地域で資源を補完し合って持続可能な社会をつくる「地域循環共生圏」に関し、八戸市など8市町村で構成する八戸圏域連携中枢都市圏で、同共生圏の枠組みが作れるか調査、研究が行われることとなった。地域の課題を洗い出し、解決へ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録