白糠沖でヨット航行不能 定置網に乗り上げ、救助

八戸海上保安部によると、5日午前5時25分ごろ、東通村の白糠漁港から北東約1・6キロの海上を航行していたヨット「さうりう」(長さ9・24メートル、幅3・3メートル、7・9トン、1人乗り組み)の男性船長(65)=神奈川県逗子市=から、「定置網.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録