深海750メートルにプラごみ 分解せず堆積、海底を汚染

 海底で見つかったバケツを回収する有人潜水調査船「しんかい6500」のアーム=4日、相模湾(海洋研究開発機構提供)
 海底で見つかったバケツを回収する有人潜水調査船「しんかい6500」のアーム=4日、相模湾(海洋研究開発機構提供)
海洋研究開発機構の有人潜水調査船「しんかい6500」は5日までに、相模湾の水深約750メートルの海底にインスタントラーメンの袋やバケツなど多数のプラスチックごみが堆積しているのを確認した。水深約千メートルでは白いレジ袋などを発見した。深海に.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録