「サル痘」発見4週間、定着に懸念 日本でも対策、不明点多く

 サル痘の発生状況
 サル痘の発生状況
発熱や発疹が特徴のウイルス感染症「サル痘」は、英国で5月上旬に患者が確認されてから4週間が経過したが、感染が拡大。流行地域以外で広範囲で感染例が続出するのは初めてで、病気の実態には不明点も多い。動物の間で感染が広がり、欧米でウイルスが定着す.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録