キャンプ用品、県内企業と共同開発 サンライズエンジニアリング(五戸)

サンライズエンジニアリングとなんぶ農援などが共同開発したキャンプ用品=31日、青森県庁
サンライズエンジニアリングとなんぶ農援などが共同開発したキャンプ用品=31日、青森県庁
アウトドアブランド「フェニックスライズ」を展開する五戸町のサンライズエンジニアリング(赤坂太樹社長)が、複数の県内企業と共同開発したキャンプ用品販売を始めた。1人用冷凍食品や飯ごうケースなど、コロナ禍で高まる1人キャンプ需要に対応。キャンプ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録