【春季青森県高校野球】大一番に驚異の打撃力/青森山田

【決勝・青森山田-弘学聖愛】8回青森山田2死、一、二塁、馬場大河が左越えに3点本塁打を放ち、12-2とする=八戸長根
【決勝・青森山田-弘学聖愛】8回青森山田2死、一、二塁、馬場大河が左越えに3点本塁打を放ち、12-2とする=八戸長根
春の頂上決戦では、昨秋の県王者・青森山田が昨夏の甲子園経験者も並ぶ弘学聖愛を打撃力で圧倒した。本塁打2本を含む10安打で12得点をマークして完勝。森川大輝主将は「好機で一本が出たことで、打線がつながった。ボール球の見極めもできた」と充実感を.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録