誤接種防止か周知重視か 券発送の対応割れる/ワクチン4回目接種

 18~59歳への接種券発送の特徴と懸念点
 18~59歳への接種券発送の特徴と懸念点
新型コロナウイルスワクチンの4回目接種は今後、各地で本格化していく。従来と違って、対象は60歳以上の全員と18~59歳の持病のある人らに限られる。各自治体は打つべき人に確実に周知しなければならず、同時に対象以外の人に間違って打つ「誤接種」を.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録