Free朝のニュースダイジェスト(5月29日)

【潮風に揺れるハマナス】
 八戸市の種差海岸でハマナスが咲き始めた。色鮮やかな花が潮風に揺れ、初夏の訪れを告げている。

 【青森で226人感染確認】
 青森県は28日、県内で226人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。みなし陽性は6人で、新規感染者は計232人だった。八戸市の教育施設と私立高でクラスター(感染者集団)が発生。

 【岩手は207人】
 岩手県は28日、新たに207人の新型コロナウイルス感染を確認し、1人が死亡したと発表した。県北地方では、久慈保健所管内で2人、二戸管内で5人が感染。県全体の累計の感染者数は3万4293人、死者数は90人となった。

 【「種差朝ヨガ」始まる】
 八戸市の種差海岸天然芝生地で28日、波音を聞きながらヨガを楽しむ「種差朝ヨガ」が始まった。初日は青空の下、100人を超える参加者が、ウミネコの鳴き声や爽やかな浜風といった種差の魅力を存分に堪能しながら心身をリフレッシュした。

 【犬、猫にマイクロチップ装着義務化へ】
 改正動物愛護管理法の施行に伴い、6月1日からペットショップなどが販売する犬と猫にマイクロチップの装着が義務付けられる。チップを専用機器で読み取ると、飼い主の情報が分かる仕組み。迷子になったり、災害で離れ離れになったりした動物と再会しやすくなるほか、安易な飼育放棄の防止が期待される。

お気に入り登録