逼迫解消せず「非常手段」 長期化で原発再稼働機運も/電力需給対策

 電力需給逼迫の要因
 電力需給逼迫の要因
国が今冬に予想される電力不足の対応策に、大企業を対象とする電気使用制限令の検討を盛り込んだ。電力供給の不安定に解消のめどが立たない中、経済活動に影響を及ぼし違反には罰金も伴う「非常手段」を視野に入れざるを得なくなった。ウクライナ危機の長期化.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録