Free八戸公園で「春の山野草展」 愛好家自慢の花々出品

色鮮やかな春の花々がずらりと並ぶ「春の山野草展」
色鮮やかな春の花々がずらりと並ぶ「春の山野草展」

三八五流通(八戸市)主催の「春の山野草展」が13日、八戸公園緑の相談所で始まった。市内の愛好家14人が大切に育てた花々が会場を彩り、来場者を楽しませている。15日まで。

 山野草展は毎年、春と秋の年2回開催している。今回は、吹上山野草クラブと白銀山野草クラブの会員らが209点を出品した。

 会場には、サクラソウやヤマツツジ、アツモリソウなど、さまざまな作品が並ぶ。

 八戸公園の園芸教室で講師を務める白銀山野草クラブの松田ナヲさん(82)は「みんなが丹精込めて育てた。色鮮やかな春の花を見て、明るい気持ちになってほしい」と来場を呼びかける。

 入場無料。時間は午前9時~午後5時(最終日は同4時)。

お気に入り登録