ニホンタンポポ、イヌノフグリ… 北奥羽地方の春の散歩 在来種を探してみよう

在来種ニホンタンポポ。額が花に添っている=4月26日、八戸市の根城城址。空堀の地形が残っている所(写真上)と、在来種イヌノフグリの花(右)は直径5ミリ弱で、混生するオオイヌノフグリの花(左側の2輪)に比べてかなり小さい=同、二戸市の九戸城址大手門付近(写真下)
在来種ニホンタンポポ。額が花に添っている=4月26日、八戸市の根城城址。空堀の地形が残っている所(写真上)と、在来種イヌノフグリの花(右)は直径5ミリ弱で、混生するオオイヌノフグリの花(左側の2輪)に比べてかなり小さい=同、二戸市の九戸城址大手門付近(写真下)
春になり道端でよく見かけるセイヨウタンポポ、オオイヌノフグリは共に外来種だ。それぞれの在来種はニホンタンポポ、イヌノフグリ。多くの場所で外来種への置き換わりが進んでいる中、北奥羽地方では確認できる場所もある。野外を散歩する際、在来植物の生態.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録