十和田で太素祭 稲造生誕160年、記念植樹も

ハナミズキの植樹を行う関係者
ハナミズキの植樹を行う関係者
十和田市発展の礎となる三本木原の開拓に尽くした新渡戸傳翁ら親子3代をたたえる太素祭が3日から、同市の太素塚で開かれている。今年は傳の孫で、国際親善に尽力した稲造の生誕160年に当たることから、3日にはハナミズキを記念植樹し、稲造の偉業をたた.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録