市販薬乱用、心身に影響 離脱女性、注意呼びかけ

 薬物リハビリ施設の前で職員と話す女性(左)=4月、千葉県市原市
 薬物リハビリ施設の前で職員と話す女性(左)=4月、千葉県市原市
千葉県市原市の薬物リハビリ施設で今年1月、茨城県潮来市の女性(24)が、市販薬過剰摂取からの離脱プログラムを修了した。軽い気持ちで手を出し、依存に苦しんだという女性は「身体的にも精神的にもダメージが大きかった」と注意を呼びかける。 「特に悩.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録