時評(5月2日)

命を守るため迅速な行動が重要な津波避難。その実行性をいかに高めるかが問われている。八戸市が4月28日に改定した津波ハザードマップは、津波避難ビルと指定避難所の計13カ所を利用不可とし、避難方法の再考が必要なことを改めて示した。 ハザードマッ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録