近藤勇の甲冑?なぜ富山に 徳川ゆかりの国泰寺で発見

 徳川家ゆかりの国泰寺で見つかったよろい=富山県射水市
 徳川家ゆかりの国泰寺で見つかったよろい=富山県射水市
幕末に活躍した新選組局長の近藤勇(1834~68年)が身に着けたと伝わる甲冑(かっちゅう)が富山県高岡市にある徳川家ゆかりの国泰寺で見つかった。新選組と縁遠いはずの富山での意外な発見はなぜなのか。ある幕臣が関わったとの寺の記録から、専門家は.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録