半導体不足に鋼材価格高騰 北奥羽の製造業者、生き残りへ模索続く

長引く半導体不足や鋼材の価格高騰が北奥羽地方の製造業者の生産体制に影響を与えている(上は電子機器部品の製造が主力の名川製作所、下は食品工場の産業機器製造を手がける山和機器産業の工場)
長引く半導体不足や鋼材の価格高騰が北奥羽地方の製造業者の生産体制に影響を与えている(上は電子機器部品の製造が主力の名川製作所、下は食品工場の産業機器製造を手がける山和機器産業の工場)
長引く半導体不足や鋼材の価格高騰が、北奥羽地方の製造業者に大きな影響を及ぼしている。半導体は調達時期を見通せず、企業は新たな調達先の確保に奔走したり、多品種を製造する工場では電子部品以外の製造にシフトしたりと、あらゆる手段を模索。さらに、ロ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録