大型肉食恐竜、新種の化石 南のティラノサウルス

 発掘された「マイプ・マクロソラックス」の化石を手に持つ研究チームメンバー。後ろの骨格は別のメガラプトル類のもの(LACEV提供)
 発掘された「マイプ・マクロソラックス」の化石を手に持つ研究チームメンバー。後ろの骨格は別のメガラプトル類のもの(LACEV提供)
国立科学博物館などの国際チームは、南米アルゼンチンで新種の大型肉食恐竜の化石を発見したと、26日付の英科学誌サイエンティフィックリポーツに発表した。巨大なかぎ爪を持つメガラプトル類と呼ばれる恐竜の仲間で全長9メートル以上、体重5トンだったと.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録