【新型コロナ】後遺症、退院1年後も10% 筋力低下が最多/厚労省、中等症以上調査

 退院1年後に見られた後遺症の可能性がある症状の例
 退院1年後に見られた後遺症の可能性がある症状の例
新型コロナウイルス感染症で入院した人のうち約10%は、退院から1年たった時点でも後遺症を抱えている可能性があるとの調査結果を、厚生労働省研究班がまとめた。中等症以上だった約700人を分析した結果。最も多い症状は筋力低下で、分析対象者全体の7.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録