水沢観測所が寄付呼びかけ、予算減でも若手雇用目指す

 国立天文台が運営する「水沢VLBI観測所」の電波望遠鏡=岩手県奥州市(国立天文台提供)
 国立天文台が運営する「水沢VLBI観測所」の電波望遠鏡=岩手県奥州市(国立天文台提供)
国立天文台が運営する「水沢VLBI観測所」(岩手県奥州市)はこのほど、将来のブラックホール研究を担う若手研究者を雇用するため、1千万円を目標に、インターネットで幅広く資金を募るクラウドファンディングを始めた。予算の減少が続き、人員の削減を迫.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録