Free飼い犬腹刺され無残な死… 刃物で虐待疑いの男女逮捕/青森署

逮捕した女の自宅から押収したケージ=19日、青森署
逮捕した女の自宅から押収したケージ=19日、青森署

飼い犬を殺傷したとして、青森署は19日、動物愛護法違反の疑いで、青森市幸畑5丁目、大工の男(71)と同市横内亀井、無職の女(60)を逮捕した。

 逮捕容疑は、3月29日午後4時半ごろから同11時40分ごろまでの間、女の自宅アパートで、男は3歳の雌の柴犬の腹部を包丁で刺し、女は同じ柴犬の臓器の一部をはさみで切った疑い。柴犬は翌日死んだ。

 同署によると、2人は内縁関係。別の事案の110番通報で駆け付けた署員が傷付いた柴犬を発見して事件が発覚した。アパートにはこの柴犬を含めて計12匹飼われており、ほかに死んだ犬1匹が発見された。

 また、男の自宅からも飼育中の犬6匹が見つかった。いずれの犬も同署が押収し、県内施設に保管委託している。同署が詳しい動機を調べている。

お気に入り登録