時評(4月19日)

国会議員に月額100万円が支給される文書通信交通滞在費を、日割り支給に改める改正国会法などが成立した。 変更は当然だが、最も肝心な使途の公開と、未使用分の国庫返納が先送りされたのは看過できない。政治資金の透明化は政治の信頼確保の大前提だ。与.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録