過疎地に最先端の無人店舗 スマホで完結、高齢者対応が鍵

 セルフレジで支払う住民=7日、山形県長井市
 セルフレジで支払う住民=7日、山形県長井市
山形県長井市で、過疎化が進む集落にスマートフォンだけで買い物ができる無人店舗「スマートストア」がオープンした。自治体主導の無人店舗は全国初。人口減少で商店も減る中、生活に不可欠な買い物の場を「デジタル化」で維持する狙いだ。スマホ操作に不安を.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録