避難に「経験生きた」 深夜の災害備える動きも

 トンガ沖海底火山噴火に伴う津波警報を受け、暗い中高台に避難する人たち=1月、岩手県釜石市
 トンガ沖海底火山噴火に伴う津波警報を受け、暗い中高台に避難する人たち=1月、岩手県釜石市
大地震が夜に起きれば、暗闇の中での津波避難を迫られる恐れがある。参加者の安全面から夜間の避難訓練に二の足を踏む自治体も多いが、3月16日深夜に宮城、福島で震度6強を観測した地震の被災地では「訓練の経験が生きた」との声も。新たに実施を検討する.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録