家庭ごみからエタノール製造 積水化学、久慈に実証プラント

ボタンを押してプラントを始動させる積水化学工業の加藤敬太社長=8日、久慈市(積水化学工業提供)
ボタンを押してプラントを始動させる積水化学工業の加藤敬太社長=8日、久慈市(積水化学工業提供)
積水化学工業が久慈市侍浜町で建設を進めていた、家庭ごみからエタノールを製造する技術の実証プラントが8日、完成した。実際に運用する商用機の10分の1サイズのプラントで、2025年以降の商用化と事業化を目指す。同社は「久慈で必ず成功させ、全国や.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録