電気炉2基で生産再開/大平洋金属の溶融物漏出事故

大平洋金属(本店・東京)は6日、電気炉から溶融物が漏出する事故が発生した八戸市河原木の八戸製造所で、電気炉2基で生産を再開したと発表した。2022年3月期の通期連結業績への影響は軽微だとし、1月に公表した業績予想は変更しない。 事故は3月2.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録