東霊園で入魂式、合葬墓の供用開始/八戸

合葬墓の供用開始を前に行われた入魂式
合葬墓の供用開始を前に行われた入魂式
八戸市が東霊園に整備した合葬墓の供用が1日から始まった。供用開始を前に、八戸仏教会(田口豊實会長)は3月30日、現地で入魂式を執り行った。同会関係者と市職員計23人が参列し、墓前に手を合わせた。 少子高齢化や核家族化が進み、「墓を持ちたいが.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録