30年までに「二酸化炭素ゼロ」 鹿角市が宣言、再生エネ活用

 秋田県鹿角市で記者会見する関厚市長=14日午前(同市提供)
 秋田県鹿角市で記者会見する関厚市長=14日午前(同市提供)
秋田県鹿角市は14日、二酸化炭素(CO2)の排出量を2030年までに実質ゼロにすると宣言した。環境省によると、50年までにゼロを目指す自治体は多いが、30年は珍しい。市内の豊富な再生可能エネルギーを活用する方針で、市は「先行して脱炭素社会を.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録