天鐘(3月12日)

「原子炉建屋は1メートルの分厚い鉄筋コンクリート製で、戦闘機が墜落しても大丈夫」。六ケ所村に核燃事業の立地が浮上した38年前、専門家が次々村に入って講演。“原子力半島”の安全性を繰り返し説いた時代を思い出した▼某第一人者は「弱点は建屋の肩ぐ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録