熱中症9105人搬送、1~7日

 厳しい暑さで「逃げ水」が見られたJR東京駅前=8日午後
 厳しい暑さで「逃げ水」が見られたJR東京駅前=8日午後
 総務省消防庁は9日、熱中症で1~7日の1週間に全国で9105人が救急搬送されたとの速報値を公表した。全国的に厳しい暑さが続いたためで、前週(6月24~30日)の4倍に増加した。三重、愛媛、大分など14県で計19人の死亡が確認された。

 3週間以上の入院が必要な重症者は210人、短期の入院が必要な中等症は3038人だった。搬送者のうち、65歳以上の高齢者は5378人で全体の59・1%を占めた。発生場所は敷地内を含む「住居」が37・9%で最も多く、次いで「道路」が20・6%。

 都道府県別では、東京が907人で最多。愛知763人、大阪595人と続いた。