小池都知事、公選法の審議要請

 東京都の小池百合子知事(左)と握手する岸田首相=9日午後、首相官邸
 東京都の小池百合子知事(左)と握手する岸田首相=9日午後、首相官邸
 東京都知事選で3選を果たした小池百合子知事は9日、首相官邸を訪れ、岸田文雄首相と会談した。4月の衆院東京15区補欠選挙での妨害事件や、都知事選で過去最多の56人が立候補してポスター掲示板の枠が足りなくなったことに触れ「公選法の想定を超えている。しっかりご審議いただきたい」と首相に伝えた。

 小池氏は会談後、記者団に「今回のようなことが当たり前になり、子どもたちが政治に忌避感を持つといけない」と話した。少子高齢化や災害対策に関しても意見交換し、国と都で連携することを確認したという。

 小池氏はその後、知事選で支援を受けた自民党の党本部も訪れ幹部と会談した。