ディズニー、クルーズ船展開へ

 東京ディズニーリゾートを運営するオリエンタルランドがクルーズ船事業への進出を発表し、登場したミッキーマウス(左)とミニーマウス=9日午後、千葉県浦安市
 東京ディズニーリゾートを運営するオリエンタルランドがクルーズ船事業への進出を発表し、登場したミッキーマウス(左)とミニーマウス=9日午後、千葉県浦安市
 東京ディズニーリゾート(千葉県浦安市)を運営するオリエンタルランドは9日、日本を拠点とするクルーズ船事業に進出すると発表した。2025年度に造船を始め、28年度の就航を目指す。船内でミッキーマウスなどのキャラクターが出演するショーを楽しめるようにする。投資額は約3300億円。日本籍のクルーズ船で最大級になる見込み。

 クルーズ船は総トン数が約14万トンに達し、約1250の客室を備え、乗客約4千人が過ごせる規模とする。主に首都圏の港を発着する2~4泊のクルーズを計画する。

 客室の利用や食事を含む乗客1人当たりの料金は標準で10万~30万円を想定し、より高価なグレードも用意する。プールやレストランを備えた豪華客船の魅力を打ち出し、ファミリー層や訪日客を利用者として見込む。

 浦安市で会見したオリエンタルランドの高野由美子会長は「一つの船にパークを抱えこんだような体験を提供する。朝から夜まで途切れないディズニーの世界だ」と話した。将来は海外の港に立ち寄ることも視野に入れる。