三菱UFJ銀行を強制調査

 三菱UFJ銀行の看板
 三菱UFJ銀行の看板
 三菱UFJ銀行の男性行員が、取引先の株式公開買い付け(TOB)に関する情報を公表される前に親族に漏らしたなどとして、証券取引等監視委員会が金融商品取引法違反の疑いで、同行本社など関係先を強制調査したことが9日、関係者への取材で分かった。親族は伝達された情報に基づいて株の取引をし、数百万円の利益を得たとみられる。

 三菱UFJ銀は9日、「当行が調査を受けたことは事実だが、調査が進行中のためコメントは差し控える。事実解明に向けて調査に全面的に協力していく」とのコメントを出した。

 関係者によると、取引先の上場企業のTOB情報が公表される前に男性の親族に複数回伝わっていたという。株価は情報公開後に上昇し、親族は利益を得ていたとみられる。

 男性は一時期、三菱UFJモルガン・スタンレー証券に出向しており、監視委は同社にも調査に入った。

 金商法では、上場企業の会社関係者が職務上で知った未公開の重要事実を、利益を得させる、または損失を回避させる目的で他人に伝えたり、株の取引を勧めたりする行為を禁じている。