パラメダルの見直し不要

 2020年東京パラリンピックの(左から)銀、金、銅の各メダルの表面
 2020年東京パラリンピックの(左から)銀、金、銅の各メダルの表面
 国際パラリンピック委員会(IPC)のパーソンズ会長は12日、扇をモチーフにしたデザインが旭日旗に似ていると韓国側が指摘した2020年東京パラリンピックのメダルについて「日本の伝統文化を反映したものだ」と述べ、見直しは不要という見解を示した。

 東京パラに参加予定の各国・地域の国内パラリンピック委員会(NPC)代表者を集めた選手団長会議終了後に同会長が記者団に明らかにした。報道陣に非公開で行われた会合で、韓国代表団は大会組織委員会に再検討を求めたという。