非開示報酬、他に10億円

 会社法違反(特別背任)の罪で追起訴された日産自動車の前会長カルロス・ゴーン被告(64)が昨年、日産と三菱自動車がオランダに設立した統括会社「日産・三菱B・V」から約10億円の報酬を受け取っていたことが11日、関係者への取材で分かった。統括会社は日産と三菱自の連結対象ではなく、この報酬は開示されていない。

 関係者によると、統括会社は2017年6月に設立された。ゴーン被告は業務が始まった18年4月から、金融商品取引法違反の疑いで逮捕された同11月までの間に、約10億円の報酬を受け取っていた。統括会社が支出した経費の約9割に当たる金額という。