ロ大統領「独断専行」 直言者遠ざけ、孤立加速

 米CIA長官の分析
 米CIA長官の分析
ウクライナ侵攻を指揮するロシアのプーチン大統領が独断専行の傾向を強めているとの分析を、米中央情報局(CIA)のバーンズ長官が示した。政権内部はプーチン氏の意向が何より重視され直言する者を遠ざける仕組みになっており、新型コロナウイルス対策を徹.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録