シイタケ、たたくと収量倍 大分県実験、理由は不明

 原木シイタケを栽培する「ほだ木」をハンマーでたたく大分県の職員=1月、豊後大野市(同県農林水産研究指導センター提供)
 原木シイタケを栽培する「ほだ木」をハンマーでたたく大分県の職員=1月、豊後大野市(同県農林水産研究指導センター提供)
原木シイタケを栽培する「ほだ木」を10回たたくと収量が倍増―。干しシイタケの生産量日本一を誇る大分県がまとめた実験結果が注目を集めている。詳しいメカニズムは不明。温暖化の影響で冬場のシイタケの収穫は減っており、県は「生産者の経営安定につなげ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録