時評(3月8日)

ロシア軍のウクライナ侵攻が始まってから間もなく2週間。両国は断続的に停戦協議を行っているが、戦闘終結は見通せず、被害は一般市民に広がる。ロシア軍は原発を砲撃するという暴挙にまで踏み切った。 日本政府は欧米諸国とともに、国際的な決済網「国際銀.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録