【スピード長根ファイナル】タイムに不満、笑顔なく/男子1500の山本

男子1500メートルの山本大史(八戸西高出、栃木県スポーツ協会)は2位。目標に掲げていた1分48秒台前半に届かず「最後の1周でラップタイムを2秒も落としたことが響いた」と入賞にも笑顔はなかった。 社会人1年目の今季は日本スケート連盟の強化選.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録