村役場庁舎に産廃電力活用 九戸村が業者と協定、4月開始

リサイクル電力の活用へ、オンラインで連携協定を結んだ(右から)晴山裕康村長、西村賢一社長)、生藤勇社長=九戸村
リサイクル電力の活用へ、オンラインで連携協定を結んだ(右から)晴山裕康村長、西村賢一社長)、生藤勇社長=九戸村
九戸村は4日、同村の産廃処理施設「いわて県北クリーンセンター」で廃棄物の焼却熱により発電したリサイクル電力の供給を受けるため、関係業者と連携協定を締結した。4月から村役場庁舎で利用を開始し、村内の公共施設などにも広げたい考え。村によると、温.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録