証言否定次々、薄氷の有罪 司法取引、運用に影響か/日産ケリー被告判決

 過去の司法取引
 過去の司法取引
元日産自動車会長カルロス・ゴーン被告(67)の役員報酬過少記載事件で、東京地裁は3日、司法取引をした元幹部らの証言の信用性を次々と否定し、元代表取締役グレゴリー・ケリー被告(65)は薄氷の有罪となった。2018年6月の制度開始以来、適用は3.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録