時評(3月4日)

バイデン米大統領の一般教書演説は、ロシアのプーチン大統領によるウクライナ侵攻を厳しく指弾する一方、ロシアに対する「制裁包囲網」の構築など同盟国の団結を誇示するものになった。 演説が外交テーマから始まるのは異例で、最大の懸案として取り組んでい.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録