目算外れ「出口」先送り 高齢者、大都市で警戒続く/まん延防止延長

 まん延防止措置の31都道府県と病床使用率
 まん延防止措置の31都道府県と病床使用率
新型コロナウイルスまん延防止等重点措置を適用中の31都道府県のうち解除判断は13県にとどまり、政府の目算は外れた。描いていたのは、期限の6日に一斉解除するシナリオ。だが第6波のピーク越えをよそに、高齢者感染の広がりで病床使用率は高止まりし、.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録