米大統領「独裁者に代償」 一般教書演説、プーチン氏の戦争非難

 1日、ワシントンの米議会で、一般教書演説を行うバイデン大統領(AP=共同)
 1日、ワシントンの米議会で、一般教書演説を行うバイデン大統領(AP=共同)
【ワシントン共同】バイデン米大統領は1日夜(日本時間2日午前)、上下両院合同会議で就任後初の一般教書演説に臨んだ。ロシアのプーチン大統領が進めるウクライナ侵攻を非難し「独裁者に侵略の代償を払わせなければ、さらなる混乱を引き起こす」と強調。ロ.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録