三沢市当初予算案260億円 建設事業費増で過去最大

三沢市の一般会計当初予算と市債残高、基金残高の推移
三沢市の一般会計当初予算と市債残高、基金残高の推移
三沢市は1日、2022年度一般会計当初予算案を発表した。ごみ焼却施設や小学校空調設備の整備など普通建設事業費が増え、総額を過去最大だった前年度当初を6・6%上回る260億4100万円とした。7日開会の市議会定例会に提案する。小桧山吉紀市長は.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録