【ウクライナ侵攻】停戦駆け引き、真意に疑念 抵抗頑強、ロ作戦に狂いか

 28日、停戦交渉に参加したロシア代表団(左側)とウクライナ代表団=ベラルーシ・ゴメリ州(タス=共同)
 28日、停戦交渉に参加したロシア代表団(左側)とウクライナ代表団=ベラルーシ・ゴメリ州(タス=共同)
ロシアが28日、侵攻後初めてウクライナと交渉した。短期間で圧倒し有利な形で停戦に持ち込むとの見方もあったが、頑強な抵抗で想定は狂ったようだ。市街戦を避けたいロシアは都市部を包囲しながら、交渉で非武装化を含む事実上の降伏を迫る。28日には核兵.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録